FC2ブログ

2018-10-27

秋深し

しばらくブログが滞ってしまいました。
もう10月が終わろうとしています。
2学期はイベントの多い時期。
なのに9月は休日と警報で、園も学校も休み続き、
園や学校のある生活リズムに戻すことも難しければ、
運動会の練習もままならない。
いよいよ運動会と言う週末は台風台風の連続で、
2学期が始まったとも、運動会が終わったとも、
なんとも実感のしがたい9月、10月だったと思います。

みんな、大変だったろうなぁ…と思うんですが、
子どもたちみんな、ぞれぞれに頑張りました。

延期につぐ延期の上、二日に二分割して行われるという運動会となったオリバー君、こんな不測の事態にも関わらず、ダンスはバッチリ、介助も最小限でやりきっていました。

運動会、何するの?と聞いたら、ダンスをフルで踊ってみせてくれたヨウ君。全部覚えて、準備バッチリでしたね。

今年は練習する時間が少ないからと、演目は2つという少なさだったポチャ丸君、一人で全部がっばってるから!という噂を聞きつけた以前の先生方が、わざわざ観に来てくれたそう。

本番はちょっと後半疲れてしまっていた男の子も、練習を毎回エネルギー全開で頑張っていたようで、本番までの一週間は、毎日のように先生から、今日も頑張ってました!と報告を受けていました。

来年はせめて、天気予報を気にしないでいいような2学期の始まりになって欲しいですね。

運動会も終わり、10月後半からやっと、週5回通う、通常通りの登園・登校の日々。
気温もぐっと低くなり、肌寒い日も多くなりました。
風邪やインフルに気を付けなくてはならない時期が一気にきてしまった感じですが、
日常が少し落ち着いて、いろんな課題に落ち着いて取り組める時期でもあります。
クリスマスにお正月、楽しい年末を迎えるために、
2018年、もうひと踏ん張り頑張りましょう。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-09-15

2学期のスタート

夏が終わり、いよいよ2学期のスタート!
と暢気に構えておりましたら、
台風、大雨、そして地震、またまた大雨…、
自然の威力に驚かされる2週間となりました。
本当に、6月の大阪の地震から立て続いていますね。

避難所生活をされている方、
ライフラインが復旧していない地域にお住いの方、
余震に警戒する状態の方、
全ての方が、いつも通りの日々に早く戻れますよう、
願ってやみません。

2学期が始まったものの、
急に学校がお休みになり、
いけばいつもの授業ではなく運動会の練習だったり、
そもそも、気温が急に下がりました。
こんなときは、子どもたちは体調を崩しやすく、
管理してあげねばならない親御さんたちの負担も、また増えるかと思います。

10月には、からっと気持ちの良い秋の天候が続くことを願って、
今月も乗り越えていきましょう。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-08-29

夏の終わり

まだまだ暑い日が続いていますが、
光の色が変わり、風がひんやりとしてきて、
やっぱり夏が終わるんだなぁ…と、歩いていると思います。
今週に入ると、電車の中も学生さん達がぐんっと増えて、
いよいよ2学期が始まったんだとわかります。
この夏は台風に大雨にと、電車の運行情報をひたすら気にしていたように思いますが、
少し穏やかになってきたこの時期、季節や学期の変わり目は、
電車に乗っていると事故に遭遇することが多いです。
電車の乗り換え乗り換えの生活も長くなって、
携帯しかなかった時と比べて今はスマホもありますから、
慌てることは無くなりましたしたが、
やはり、慣れるということはなく、
そして、こういうとき、子ども達はどうするのかなぁ…と考えます。
電車が動かない
遅れでいつもの倍の乗客になる
遅れてしまって次の電車に乗るまでに長い時間ができてしまう
電車が動かないのでおでかけを取りやめないといけない…。
地震や台風と同じく、不測の事態というのは起こらないのがなによりですが、
起こったときに、子ども達がどうするのか、
子ども達とどうすることができそうか、
おりにふれて、考えておくことは大事かなと思います。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-08-04

この炎天下に

先日、いつも通りに訪問に回っておりましたら、
この炎天下、歩道に座り込んでいる中学生くらいの男の子がいました。
おやおやおや…と思いながら歩いておりますと、
お父さんらしき人が、まずは前に回り込んで引っ張って立たせようとしましたが、残念、
あともうちょいのところで、座り込まれてしまいます。
あらららら…と思いながら歩いておりますと、
今度は後ろから抱え込んで立たせようとしましたが、やはり残念、
ぐいーっと足をつっぱって後ろに力をかけるので、またまた座り込まれてしまいます。
遠目にも、お父さんらしき人が、大きく息をついて、肩を落とすのがわかりました。
この炎天下、日陰の全くない、アスファルトの反射熱の強いところに座っていては、二人ともどんどん動けなくなるよなぁ…と、
さしでがましいかと思いつつ、おってつだいしま~すっ!と声をかけることにしました。
「いやぁ…、ときおり、こういうことがありまして…、その、そこを曲がったところのバス停まで行きたいんです…」
と汗をふくお父さんらしき人に、
「あぁ~、ありますよねぇ…。そこですね~、いきましょいきましょ~!」と返して、
次に、しゃがんで座っている男の子に声をかけてみます。
「ここ暑いよ~。バス停のが涼しいよ~。バス停まで、もうちょっと。歩こう~。」
すると、しっかと三角座りの男の子、顔をうつむけたまま、もぞもぞもぞ…、ん!?
なんと、靴を脱ごうとするではないですか!!
僕もう疲れたのにっ!、歩けないのにっ!、靴なんてぽいっ!
なんてわかりやすい拒否の行動でしょう!!
見事に私のツボで、もう大うけ。
「あか~んっ、脱がな~いっ、履いて~っっ、はい、立つよ~!、せーのっ!」
靴にかけてる手をもって、前から脇を抱えると、お父さんらしき人も、せーのにあわせて、後ろからぐいっと押し上げて、
よっしゃっ!、立った!、と思ったら、
体を前後で支えられた状態で、足だけで靴を脱ごうとする男の子!
どうしてこういう時だけ、こんな器用なことするんだろう…。
日頃子どもたちと接しているとよくよく思うことですが、やはり君もか!。
これまた見事に私のツボ。
しかし、お父さんららしき人も素敵で、足だけで靴を脱ごうとしている男の子に対して、足だけでそれを阻止!
動きが止まりかけたところで、すかさず手を伸ばしてぐいっと靴を履かせきり、
「はい、歩くよ~、バス停でベンチに座ろ~」
ここまでくると8割がた男の子も諦めたようで、へっぴり腰ながらも、脇から支える私と後ろから押すお父さんに挟まれて、なんとか歩いてくれて、無事にバス停に到着することができました。
バス停にはひさしがついていて、しっかりと日陰になっていて、さらにベンチもついています。
ベンチに座った瞬間、男の子はニコ~っ♪
首からぶらさげていたハンディタイプの扇風機を顔の前に持って回し始めました。
よかったよかったと思いつつ、
だからさぁ…言ったじゃん、
こっちのが椅子あるって、こっちのが涼しいって…、
あんな歩道で座り込んだらお尻暑いし、靴なんて脱いだらもっと暑いしっ!
と、うんっ、もうっ!と心で軽く突っ込みをいれて、その場を去ったのでした。

立たせてみたら、私より背が大きいくらいだった男の子。
これが半分のサイズならば、ちょいっと抱えて連れてもいけますが、
このくらいになると、さすがにそれはできません。
今年の暑さは、大人でもびっくりするくらいとはいうものの、次はちゃんと、歩いてくれているといいなぁと思います。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-07-21

勉強会のあと

先週の宿泊ブログラム.
日曜の午前は、片山先生を招いての保護者勉強会でした。
学生さん達が大学でどんなことに困っているのか、
最近ではどんな支援がなされているのか、
いろんなエピソードを交えながら、たくさんの情報を教えていただきました。
勉強会が終わり、宿泊から帰ってきた子どもたちを保護者の方達に無事に引き渡し、
そのあと、事務所で、ボランティアの方たちと片山先生とお昼を一緒に食べたのですが、
手分けして食べ物・飲み物を運んで並べて、
みんなで乾杯・いただきます、
そして、それぞれが欲しいものを取りながら、わいわいと子どもたちのエピソードを話し合い…、
一緒に食べたり飲んだりしながら、そんなボランティアさんたちを眺めていて、

「片山先生…、これ、ですよね…。」
「そう、これ、なんですよ…。」

午前の勉強会で、支援の必要な子達がどんなことに困るのか、
どっぷりたっぷり聞いたあとに、目の前に展開される現役大学生達の集団の様子に、
片山先生と目と目を見合わせて、う~む…、とうなってしまいました。

「だからね、こないだ、居酒屋でデビューもしたんですよ。」
「!!」
「だって、大学でのサークル活動だけでなく、就職しても絶対、そういう場に出席しないといけないでしょ~。」

単位の修得について、
大学での勉強について、
就活について、
一人暮らしについて、
サークル活動について、
恋愛について…。
片山先生の支援は多岐にわたりますが、なんと、居酒屋もっ!

でも確かに、みんなで食卓を囲むとなると、
自分の食べられる量、飲める量、
それを超えたら、その場にあわせた断り方、
大皿料理の取り方や食べ方、
会話の聞き方、会話への入り方、
興味がない会話の場合のやり過ごし方、
考えてみると、次から次へと、気になることがでてきます。

宿泊プログラムに参加した子達で、最年長の子達は、今年で高校卒業です。
就職、進学、いろいろですが、より大きな社会へと出て行きます。
果たして、できるようになってるかしら。

片山さんのお話をお聞きしながら、いつか卒業生たちと居酒屋デビューができたら楽しいな、なんてことを思いました。

しかしながら、
片山先生の居酒屋デビューのエピソードをお聞きしながら、
こちらも子どもたちのおやつや宿泊のエピソードなどをお話していたんですが、
大学生さんたちのエピソードと、幼児期学童期のエピソードが、
そらもうぴたっと、重なるのですよ。

まだ子どもだから…。

そう言ってもらえるうちに、といつも思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる