FC2ブログ

2019-05-11

走った1日

超大型連休が終わって、今週から、いよいよスクールトライアルが始まりました。
4月の2週目から、こども塾1組、2組が始まっていたのですが、
スクールトライアルが始まって、土曜日の午前に1クラス、午後に2クラス、となると、
新年度が始まったなぁ…と実感します。
それはたぶん…。
追いかけっこで走って、
シッポとりで走って、
鬼ごっこで走って…。
スクール生さん達も、塾生さん達も、走り回るのが大好きな遊びなので、とにかく一日、走る、走る、走る!
チャイムとともに、子ども達もお茶を一気飲みしますけれど、
私たち(…あ、たち、と言ってしまったら、若いスタッフから文句がでる!?)もゼイゼイと肩で息をするくらい。
子ども達が帰ってしーんとした教室に、だる~い足の疲れは、
公園で日が暮れるまで遊んだあとの帰り道とか、夏休みのプールのあとのようで、
一日の始まりと終わりの実感なのかなぁ、なんて思います。
帰ったら足をせっせと揉んで、筋肉痛が残らないようにしなくては。
来週も、気合いいれて走ります。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2019-04-27

さて1ヶ月

新年度が始まって1ヶ月。
連休前には参観や家庭訪問で、お子さんの学校での様子がわかって、ほっとしたりハラハラしたり、みなさんそれぞれのことと思います。

キッズパワーでも、まずは、こども塾の新学期が始まりました。
今年度は、自己紹介と社会見学からのスタートです。

さぁ、この自己紹介。
簡単なようで、やっぱりなかなか難しい…。

何を言ったらいいのやら…と一言も発せられない子もいれば、
好きなことを延々と話し続ける子もいます。
前に出て話すのがとにかく嫌という子もいれば、
前に出て話すことは大好きだけれど、お友達の話には全く興味なしという子もいます。
そうそう。
最近では、お友達のお話を聞いたあとに質問をしましょう、ということもよくありますが、
もう自分のことは話したんだから、さっさと座らせて~や~という子もいれば、
質問するもなにも、話をなんにも聞いてなかった~っ!という子、
誰の自己紹介を聞いても、いつもおんなじ質問をする子、
自分の知りたいことについて、微にいり細にいり延々と質問し続ける子…。

あぁ、書きながら、子ども達の顔を思い
浮かべて、ふふふ…となってしまいますね。
きっと、子ども達と関わったことのある方々なら、
そうそう!、
あるある!、
と大きく頷いてくださるんじゃないかと思います。

ただ、あとから思い出して、ふふふ…となることを、教えたい、と思うと、それはけっこう、頭を捻らないといけなかったりもするんですよね。
でも、
今できないこと、というのは、ずっとできないこと、という訳ではなく、
今できないこと、の中に、できるかもしれないこと、ということも、実はたくさんあるんです。

子ども達との知恵比べ、のような感じではありますが、大人としては、まだまだちょっと、負けられないよね、と思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2019-04-13

新学期

4月に入ったというのに、今週はずいぶんと冷え込みましたね。
暖かかったり、寒かったり、
入園・入学に、進級で、
通学路や持ち物や教室、
お友達に先生…。
いろんなことがガラっと変わったこの1週間だったことでしょう。
おうちに伺いますと、
欠伸を連発したり、目を擦ったり、
いつもと比べてずいぶん口数が少なかったり、
子ども達もずいぶん疲れた様子をみせていました。
新年度のいろんな準備に追われたお母さん達は、
子ども達が園や学校に通い始めてくれて、やれやれ…というところだと思いますが、
今度は、日々の園や学校での出来事を聞いて、先生方と連絡を取り合ったり、家で練習することを考えたりと、
またまた一手間が待っているというところでしょう。
なかなかホッと一息はつけないとは思いますが、GW前後の家庭訪問に向けて、子ども達の様子をいろいろまとめていきましょう。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2019-03-16

3月


まだまだ朝は冷え込むし、
花粉はバンバン飛んでるしで、
冬物の重たい上着に帽子にマスクの、
まるで不審者のような姿で動き回っているのですが、
ところによっては寒緋桜が満開。
見上げると、
青空も飛び込んできたので、
気持ちもなんだか明るくなりました。
子ども達は、次々と卒業・卒園式を迎えています。
こういう区切りの時期というのは、
なんだか落ち着かないものですが、
気候にあわせて、
冬物の上着を春物に変えていくように、
色々と、整えていこうと思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2019-02-09

ほれぼれ

いつもと違う状況だったり、見慣れない人がいたり、
ドキドキする場面では固まって動けなくなることの多かった女の子。
最近は、ずーっと一緒に活動していない私相手でも、ずいぶんと、いろいろできることが増えてきたなぁ…と思っていたのですが。

彼女はいつも教室にくると、寺口先生が用意している複数の課題を、一人ですすめることになっています。
ところが今日は、教室に寺口先生はいません。
いるのは、前のクラスの男の子達と、いつもその時間にはいない私。
でも彼女は、寺口先生がいつものように課題を用意してくれていることに気付いて、
遠くに離れた私が彼女と目があったときには、「これでいいの?」というように、課題を手にして「ん?」と首を傾げていて、
私が頷くと座って課題をやりました。
終わるとまた、課題を持って「ん?」として、私が頷くと、できた課題を置きにいって、新しい課題を持って来て…と、
黙々と、彼女は自分の課題をやり続けてました。

その姿を、遠くから、私は惚れ惚れと眺めていたんですが、
そのことに気付いた男の子が、私と彼女をみて、
「ねぇねぇ、○○ちゃん、何してるの?」
と聞いてきました。
「お勉強、一人でちゃんんと、えらいよなぁ…」
としみじみ言うと、男の子もなんはなしに、し~んとした雰囲気。
少し前まで、自分達のことが終わった男の子達も、暇を持て余して、机の中に手をいれて、かたかたカタカタ音を出して遊んでいたのも、「お勉強してる子がいるから静かにしてて」と言うと、ちゃんと止めてくれたりして。

み~んなみんな、頑張りました。


コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる