2018-06-11

いつのまに

前回のブログのように、コツコツと一緒に続けていたことがに変化が現れるのも嬉しいものですが、
いつのまにこんなことがっ!という変化も嬉しいものです。

例えば、オリバー君。

塗ってと渡されれば塗るけれども、ざざざーっと一色で塗って、はいできた!
色変えてと言われれば変えるけれども、ちゃちゃちゃっっと塗り替えて、はいできた!
…もう、早いこと早いこと(笑)。
活動が一瞬で終わってしまって、あとの時間どうしましょう…という感じだったんです。

ところが、

ぬりぬりぬりぬり…、
(えっと次は…とばかりに色を変えて)ぬりぬりぬりぬり…、
(じゃや次は…と色を変えて)ぬりぬりぬりぬり…、
丁寧に丁寧に、1つの絵の中のパーツごとに色を変えて塗っていくんです。

パーツごとに色を変える、と思っているので、なかなか斬新な色合いの仕上がりになってはいたのですが(笑)、
最近は、人の顔は肌色、髪の毛は黒、というように、ちょこちょこ、特定の色を使うこともでてきました。

すごいなぁ…と感心するんですが、こんなことをオリバー君が、どうやってできるようになったのか、というと、
“周りの子達が塗っているのをみて”
なんですよね。

周りの子達をみて、周りの子達の真似をして、周りの子達から学ぶ。
これができるような土台作り。
それが、日々のセラピーの一番大事なところで、もっと頑張らねばと思います。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-05-29

あらま。


好きなキャラクターがあって、
絵を描くにしろ、
工作するにしろ、
ブロックするにしろ、
とにかく一筋だった男の子。
他の仲間を描いてよ~と言っても、
怒ったように
「(せんせ)描いてっ!!」
と言ってきていたのはいつのことやら。
最近では、今日は、○○!、と今まで描いたことはないけれど、気になっているキャラクターを言ってくるようになりました。
その、とっても得意気なニコニコ顔をみていると、こちらもつられてニコニコとしてしまいます。
まぁでも、そのシリーズは、どれも上手に描けるようになったしね~、と今日も描く気満々の男の子に、
「ミッキーマウス描いて」
と言ってみました。
ぽっか~んとした顔を眺めながら、
泣くかな~、
せんせー描いてと言ってくるかな~、
と内心ドキドキ(ワクワク!?)していたのですが、
「ミッキーマウス!」とニッコリ笑ったかと思うと、さらさらさら~と描きあげてくれました。
ディズニーがちょっと気になりだしたかな~くらいのところなのき、ここまでさらさら描いてくれるなんて、やるじゃないか~っ!!
と、おおいに誉めてあげたいところなんですが、ここでちょっと気になることが…。
好きなキャラ以外を描くようになったとき、最初は色なんて気にする余裕なんてなくって、黒でだだだーっと形を描き始めたんです。
で、形がどんどん描けるようになってるし、色も塗ったらいいよ~と声をかけたんですが、どうもこの、黒で描く→色を塗る、という手順に、元々塗り絵が好きだったこともあって、すこーんとはまってしまったようなんですよね。
(これ、途中で止めたら、泣くやろなぁ…
とこれまた、内心ドキドキ(ワクワク!?)なのでした。

ふたつよいこと、さてないものよ。

あぁ…とガックリしつつも、
一筋縄ではいかない子ども逹。
これだから、面白い。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-05-21

あらあらあら

訪問しましたら、リビングのテレビの前に…




ずら~と、ともだちが8人、ならんでまして、
「あらぁ~♪」
思わず声をあげました。
持ち歩いたり並べたり、最近のお気に入りだそう。
一緒に作り始めた時は、はさみやのりは好きなので、チョキチョキぬりぬり、さっせとしてくれはするのの、できあがるとポーイッ…。
なにこれ!、しらん!
てな感じだったんですが、繰返し作っているうちに、できあがったものを手にとってジーッと眺める時間が長くなり、キャラクターの台詞が出てきたり、とちょっと興味を持ってきてくれたなぁ、という感じではあったんですが、知らないうちに、お気に入りに昇格していたようです。

またまた。




こちらはリビングのテーブルに、ずら~りと妖怪祭ではないですか。
「あらぁ~♪」
やはり声をあげました。
お絵描きも工作も大好きで、時間があれば黙々と作っているのですが、ちょっと前まで、描くといえばこれ、作るといえばこれ、と大好きなキャラ1つに限定。
遊びの中に組み込んで、他のキャラを描くように仕向けた時も、
わからない!、描けない!!、描いて!!!
と困って困って半べそだったんですが。
「……できた」
と初めて描いたキャラクターを自信なげに小声でふにゃ~とみせてきたのはいつのことやら。
お絵描きだけでなく、工作もするようになっていたようです。

あらあらあら。

とっても嬉しい予想外。
子ども逹はうまいこと、大人のやる気も引き出します。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-05-07

サンキュ♪

透明なホースの両端からビー玉を落としてカッチンカッチン。
ビー玉を全部入れ終わったら、そのホースの両端をあわせてドーナツ状にすれば、ビー玉がくるくると。

こんな遊びが気に入っている男の子。
それでも好きなだけに、危険もいっぱいで。

丸くてキラキラのビー玉は、それだけでも楽しい。
透明なホースのぐにゃぐにゃとした感じは、噛み応えたっぷり。
ボースと言えば長いものですが、長いってことは振り回したくなるのが子どもってもの。
ドーナツ状になったホースの中をくるくる回るキラキラのビー玉は、いつまで見てても見飽きない。

でも、一人で楽しく遊んでて~というのではなく、一緒に遊ぶからには、

ホースを私のところまでとりにくるとか、
ホースを壁に取り付けるときに押さえてるとか、

まぁまぁちょこちょこ、手伝って欲しいなぁということも出てきまして、
手伝ってもらうとなると、

私のそばまで跳ねないで歩いてくるとか、
私の手からホースを引っ張り取らないとか、
ホースを振り回さないで持っていくとか
私がそばに行くまでホースを口に入れないでいるとか、
私がと壁にりつけるまでホース押さえていられるとか、

ちょこと遊ぶために、なんとまぁ、男の子が頑張らねばならぬことの増えることでしょう…。
と、自分でやらせておきながら、んなこというのもなんなんですが(笑)。

でも、今までもたくさん、大人と一緒にお勉強したり遊んだりしてきた男の子。
最初はもちろん、引っ張りとったり、振り回したり、口に入れかけたり、していたんですが、
回数を重ねるにつれて、どんどん上手にお手伝いしてくれるようになって、
先日はホースをドーナツ状にするときに、できあがるまでちゃんとホースを持っていてくれました。
実は、他のところはともかく、この、そこそこ張りのあるホースの両端をあわせるようにしつつ、その部位をガムテで貼り合わせる、という、ホースをドーナツ状にするところが、一人でするには一番やりにくいところで、もう一人いてくれると、ほんとにほんとに助かる!!、というところだったんですよね。
サンキュー♪
また次もよろしくね!!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2018-04-15

新しいスケジュール

一気に咲いた桜が一気に散りましたね。
5月にみかける花水木まで開き始めたかしら?というところで、なんだかひんやりした数日が続いています。
また冷える~と思いつつも、よく考えたら、4月ってこんなもんやったような。
なんとも感覚というのは相対的なもんですね。
入学・入園式、始業式から一週間、初めての学校・園、初めての教室、初めての一日。
始めて尽くしが続く一週間。
慣れた一日の流れ、一週間の流れが変わるというのは、頭がわかっていても体がついていかないことも多いですよね。
とくに私は、慣れた流れに引きづられやす~いタイプなので、この4月の一か月というのは、えっと…えっと…となるので、子ども達もみ~んな、どっぷり疲れて帰ってきてることでしょう。
一緒に頑張ろうね…と目をこすったり、欠伸をしている子ども達に思います。

そんな中、新しく一緒に頑張ることになった子達とは、何が好きで何が嫌で…、そんなことを探っている毎の遊びをこのまんまするこの遊び、このまんなするだけだとイマイチみたいだけど、ここ人形投入するといけるのか~。
興味なさそうやったけど、2回目からノリノリやん…。
一人で眺めてるのが好きそうなこのカードやけど、なぁんか私も関われないかぁ…。
そんな中、うっかり地雷を踏んでしまって、泣かれたり拗ねられたりもあり。
一日も早くお互い慣れて、たくさんたくさん、遊んだり泣いたりを積み重ねていこうね。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる