2013-12-16

着地点

先月、あるお母さんと、先生とのやりとりについて、色々話し合うことがありました。

クラス運営にも関わることなので、あまりたくさんのことは言えない。
でもそれが、子どもにとってすごく良いことだとも思えない。
互いの立場から、これなら!と納得できるようにするには、どうしたらいいんだろう。

これはどうでしょう?
ん~、先生方、こう言いそうです。
そうきますか、じゃあ、これは…?
ん~、どうかなぁ、あ、これは?
なるほど、いいかも、あ、でも、待てよ…

なんて感じで、二人でブツブツぶつぶつ、メビウスの輪に入り込んだようです。
そんなことを何回か繰り返したあと、お母さんから

こんな風に言ってみます!

とメールが入りました。
それを読んで私、

う~ん、これは、ふわりときれ~なところに着地したなぁ~

と、書かれていた内容のバランスの良さに、ホレボレとしてしまいました。
おうちではお母さん、お部屋に入れば療育者、外に出れば社会人、講演会では受講者と、いろんな役割を引き受けて、日々、いろんな立場に身をおいて考えてらっしゃるお母さんですものね。
でも、このバランスの足元には、たくさん涙や憤りが、埋められてきているのだろうとも思います。
話し合いも、まだ途中ではありますが、この力があれば、きっと良い方へ向くに違いない。
そんな風に思えたのでした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-08-01

終わりました!

今年も無事に7月セミナーが終わりました。
話を聞くだけでなく、ワークがたくさんあるのが特色のセミナー。
今年も、子どもの好きなものをあげたり、シナリオを描いたり、たくさんのワークがありました。
最初のころは、うーん…と悩んで真っ白なことの多かったワークですが、
年々書き込み量が増えていて、今年はどの方もびっしり書き込んでおられました。
ワークの最中やグループで発表しあうときには、いろいろ回らせていただくのですが、
面白そうな遊びや遊びのシナリオに、思わず足をとめて読みいってしまうことも多々。
あ、これはこの子も喜びそうだなぁ、お、これはあの子が喜びそうやなぁ…と、
質問に答えながら、こちらも遊びのヒントをいただいた感じでした。
二日目には、さっそく昨日やってみたんですけど…とお話いただくこともあり、お母さんのにっこりした表情に、子どもさんの喜んだ顔が想像できて、こちらも嬉しくなりました。

暑い中、子どもさんを預けて参加していただき、本当にありがとうございました。
さて、今度はいよいよ8月のセミナーです。
私も最後のビデオ編集、頑張ります!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-07-25

どぼん

いよいよ子どもたちは夏休みに入りました。
暑いし時間はあるし…そんな子ども達を黙らせておくには、やっぱりプールでしょうか。
先週の祝日のあたりからこの方、住宅街を歩いておりますと、あちらこちらでビニールプールをみかけます。
運動はあまり得意ではなかったですが、大人になってからもしたいなぁ…と願うのが水泳という私は、
水着で水に飛び込んでいる子どもたちをみるたびに羨ましくて仕方ありません。
先日も、歩いていると、水しぶきと歓声が聞こえてきました。
おおーっ、やっとるやっとる!
近づいていきますと、なんだか子どもたちが言いあっています。
「ちゃうで、こうやで!」
「なにがちゃうねんっ!」
「き、まで言ったらアカンねんっ!」
「げん、やんな!?」
「そや、げん、やで!!」
「おっしゃ、わかったっ!」
なにがわかったのか、さっぱりわからない会話ですが、
みれば小学校2-3年生の男の子が3人、お互い真剣にうなずいているので、何かしら確認はできたようです。
いったい何がはじまるのか…、わくわくしていましたら、
よっしゃっ!とばかりに急いでプールを飛び出した3人は、1・5mくらい離れたところに横一列に整列したかと思うと
「せーのっ!あ・る・こー!、あ・る・こー!」
歌いだしたのはおなじみ、となりのトトロのテーマ曲。
歌い始めると同時に小さい歩幅でプールに向かって前進していって…、
「わ・たっ・しはぁー、げーんっ、どぼーんっ!!!」
一糸乱れず3人そろって、見事に「元」まで歌って、「気」のところでプールに飛び込みました。
そして、ばしゃばしゃと無言で急いで水から出てきたかと思うと、元の位置にまた整列、みんなが並んだという瞬間に
「あっ・るくっ・のっ・だいっ・すきー!どーん、どーん、どーん、ゆっ・こっ、どぼーんっ!!」
また歌い出して前進し、きれいにみんなでどぼーんとプールに飛び込みました。
そしてまた、ばしゃばしゃと出てきたかと思うと…、
ここからあとは、もう通り過ぎていましたが、歌う声が聞こえてきていましたので、子どもたちは一曲歌い終わるまで、整列して前進して飛び込むというのを延々と繰り返してたんだろうなぁと思います。
大人からみたら、いったいなんやねん!というような遊びですが、子どもたちは真剣そのもの。
自分たちで決めごとをして、歌いだしも歩幅も飛び込みも、見事にきっちりあわせてくる力に、すごいなぁ…とほれぼれしてしまいました。
こういった力を、どうやったら育てられるのか。
今回のセミナーには、そのヒントがたくさんつまっています。
年々詳しくなっていく江口の解説と、毎年新しくなる子どもたちのビデオを、楽しみにしていてください。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-07-18

いよいよ

日射しが強く、暑くなってきました。
今年はどうも伸びが良くないなぁ…なんて心配していた子ども塾の子達が育てている朝顔も、
この1週間でぐんぐんっと伸びていました。
日頃、子ども達と接していても、おんなじようなことがあります。
う~ん、どうもここんところちょっと調子悪いなぁ…。
そう思いながら、やり方を見直したりしながら進めていますと、
あるときからトントンッと進み始めます。
セミナー用のビデオを編集しながら、
気になって時には昨年度のセミナー用のビデオなんかも見返したりするときがありますが、
そうすると、とてもよくわかります。
いよいよ暑くなって、えいやと伸び始めた朝顔のように、
子ども達もせっせと蓄えているときと、えいやと伸びるときを、
繰り返し繰り返し、大きくなっていくんだなぁと思います。

そして出揃ったビデオに、江口の最終チェックも一通りで、いよいよセミナーがやってきます。
毎年の繰り返してきましたセミナーですが、江口曰く、
今までで1番わかりやすいセミナー、だそうで、乞うご期待☆です。
当日、参加者のみなさんにお会いできることを、私も楽しみにしています。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-07-05

7月といえば

7月に入りました。
今年は猛暑になるとの予報がでているようです。
梅雨なのにあまり蒸さず、肌寒く感じる日もあるのでなんだかピンときませんが、
ときおりみせる晴れの日の様子が、今年の夏の様子を表しているのかもしれませんね。
移動に使う私鉄では、7月に入ると一斉に祇園祭のお囃子が鳴り出したりして、一気に夏のはじまりの雰囲気をだしています。
しかしキッズパワーにとっては、7月といえば、やはりセミナーです。
日々仕事をしていますと、電車に乗ってる時間の長さと同じで、とにかくビデオを振り返って見続ける時間の長ささに時おり、電車の生活はもういい~と思うように、ビデオの生活はもういい~とへこたれそうになることもあります。
でも、セミナーにあわせて一年分ほどをざーっと見直しておりますと、いろいろわかってくるんですよね。
最近ひっかかっていることの原因は、やっぱりこの時期にちょっとその芽がでてきてたんよな。
このときは、それまでの経過から上手になったなぁと思っていたけど、今の出来栄えと比べると、このときはまだまだできてなかったんよな。
この発音、ずーいぶんきれいになってきてるよねぇ…。
日々の小さな小さな変化は、なかなか気づきにくいものですが、半年、一年と振り返りますと、どの子もそれぞれ、よく頑張ってくれているのがわかります。
確認した現状と課題をもとに、また半年、練り直しです。

さぁ、今年もいいセミナーになりますように。
あいにくの雨のようですが、短冊に願いを書いてみましょうか。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる