2012-02-01

撮りにくい…

土曜日にスクールさんの生活と体育の授業風景の写真撮影に入りました。
生活のお店屋さんでは、お金を渡すとき受け取るとき、買ったものを渡すとき受け取るとき、ちゃんと相手をみて、相手の動きを待ってできるかというのはとっても大事なところです。
あさっての方を向いて手だけで渡そうとしたり、相手の手からひっぱっるようにとってしまってはいけません。
お家でもスクールでも、お店屋さんだけでなくあらゆるところで練習をしている子ども達の晴れ(?)の姿を撮っておこうと、カメラを構えて待っていたのですが…、うーん、なぁんか、撮りにくいなぁ…。
まぁまぁ、なんとか撮って、気をとりなおして体育の時間。
ヨーイドンのかけ声で、けんけんやゆっくり先生のところまで行ってターッチとか、転がしドッチでエイッとボールをねらって転がしたりピョンッと逃げたり、かけ声にあわせたり相手の動きをみながら動くというタイミングをあわせるというのは、これまたとっても大事なところです。
でも、これまたなんとうか、うーん、なぁんか、撮りにくいなぁ…という感じ。
なんでかなぁ…、と考えますと、第一には、普段スクールに入っていないので、個々の子ども達の動きの特徴を把握してないってことが大きいのですが、撮ろうと思う瞬間の前にあるだろうという動きの読みがずれるんだろうなぁと思います。
例えば、お店屋さんの子が品物を渡すところを撮ろうと思うと、品物を手にとったあと、相手をみてそれを差し出という一連の動きと、その時の子ども達の動きの速さからだいだいこのあたり…と思って構えます。
ヨーイドンなんかでは、私はかけ声をかける寺口先生の声を聞きながら子ども達の動きをみています。じーっと先生の方をみながら身構えてる子ども達はドンにあわせて走りだすはずだから…とそこにあわせてこちらもカメラを構えます。
ボール投げでは、床に置いたボールを両手で持ち、中にいる子ども達の位置を確認して転がす方向と決めたら、ちょっとボールを引いてからエイッと転がす、という流れを頭に置いて、子ども達の動きの速さから、だいだいこのあたり…と思って構えます。
ところが、相手をみるなりそれを相手に乗りかかるようにぐいーっと押しつけにいってしまったり、相手が受け取ってないのに手から品物を離していたり、ドンの直前で体がふらっと動いてしまったり、ボールを床に置くなりり転がしていたり、ボールを構える姿勢にふらついたり、なんてことがおこるんですよね。
そのたびに、おっとっと、あれれ…、そうきたかっ!てな感じで、うーん、なんか撮りにくーい…となるのです。
もちろん、はい、チーズ!と撮る集合写真と違って授業中のスナップ写真ですから、子ども達がカメラにあわせて動くってことはないのですが、私たちは、生活の中のあらゆる場面で、周りの声や動きに対してあわせようとしてるんだなぁ…と、改めて確認した時間でした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2012-01-25

廊下待機

先週の土曜日、子ども達がいつも通り元気にやってきました。
今日も1日始まったぞ~と思ってふとみると、生徒役の大人が廊下にズラリ…、シナリオ片手に立っています。
あれ…と一瞬びっくりしたんですが、そうですそうです、子ども達だけの時間の始まりです!
最初は授業時間も休み時間も、大人がつききりで 見ていないといけないんですが、子ども達がなんとなくくっつきあったり、名前と顔が一致してきたり…だんだんと1つの集団であることがわかってくると、大人は少しず~つ外れていって、子ども達だけの時間を作ります。
その年の子ども達によって、最初に子ども達だけになる時間は鬼ごっこだったり、あぶくたっただったり、お絵描きだったり、色々変わるのですが、教室の中には子ども達と寺口先生だけという、学校に近い状態になります。
外で待機する大人は、最初はもうドキドキで、隙間から覗いては、あぁ、もうっ、そこで入るんやっとか、よしっ、隣の子をみたぞっとか、身悶えしたりするんですが、最初は1ヶ所、途中から5分くらい教室内で少し離れてみるようなことから始まって、回数が増え時間が長くなりとなっていくにつれて、こちらもだんだんと、笑って眺められるようになってきます。
それはそれだけ、子ども達が頑張ってくれるからなんですよね。
そして、そうなってくるということは、それだけ卒業式が近付いてきたということでもあります。
さぁ、年長さん達は、あと約2ヶ月です。集団で、個別で、何を学んで貰うか、頭をフル回転する時期です。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2011-11-01

行ってきました♪

今年も無事、しあわせの村にお泊まりに行ってきました!
慣れないお泊まりのスクール生さんには、お家から離れて大丈夫かしらとお母さん気分でドキドキ。
久しぶりの卒業生さんには、おっきなったなぁとお婆ちゃん気分でニコニコ。
毎週事務所で元気な声を聞いている塾生さんなは、あいも変わらず君たちは元気だねぇと先生気分でウンウン。
いっぱい笑った(そして、いっぱい怒った!?)一泊二日でした。
心配していたお天気も、どうにかバーベキューを中止せねばならないくらいにはならずにすんで、
待ちに待ってたお肉を、子ども達みんな、お腹いっぱい食べて帰ることができました。
一年ぶりに子ども達の変化に驚いたことも多く、お母さん方にお話したいことはたくさんあったんですけれども、肉焼き当番に追われてお話できずで残念でした。
また来年も、元気にお泊まりに行けたらいいなと思います。

頑張った子ども達、お疲れ様!
バーベキューの準備をしていただいたお母さん方に、ありがとうございました!
そして、2日間子ども達につききりで、とにかく走り続けていただいたボランティアのみなさん、本当にありがとうございました!!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2011-10-24

キャンプ

土曜日、スタッフ全員顔を揃えて、キャンプの打ち合わせをしていました。
ちょうど土曜日は雨。
来週は晴れるかなぁと、話し合いの最中に何度も天気予報を確認していました。
電車に乗って、荷物を背負って長距離を歩いて、自分でおやつを買って…、
お泊まりが初めての子ども達もいるのですが、やることは盛りだくさん。
気持ちよい秋晴れになって、2日目の家族合同のバーベキューまで、無事に終わって欲しいものです。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

2011-05-14

スクール2011

卒業式が終わったばかりのような気がしますが、
ついに今年もスクールが始まってしまいました。
毎年のことなんですが、個別でみている子ども達が初めてスクールに来る日はドキドキします。
子ども達がどんなことが苦手なのかがわかっているので、
ここはちょっと背伸びして頑張ってもらわないといけないなぁとか、
ここは個別なら大丈夫だから集団でどれくらいやれるかなぁとか、
ここは下手したら泣くかもなぁとか、
あれやこれやと浮かんでくるからです。
くわえて今年は、スクールは最初から外れることになりましたので尚更です。
隣の事務所で聞こえてくる子ども達の声に、
うんうん、み~んな元気じゃなぁ…とまぁ、
なんか縁側でお茶をすするかのような心境にもなることはなるのですが、
トイレのついでだ、郵便物の受取りのついでだと、後でビデオをみたらいいのはわかっていつつも、ついでを作ってはコソコソ壁上部の窓から覗いてしまっていました。
そして、園や学校に子どもを送り出すときの親御さんの気持ちは、こんな感じなのかなぁ…なんて、改めて思ったりするのでした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる