2008-06-26

誰?

先日、事務所で仕事をしていたら、FAXが届きました。
セミナー申込みかと思いみてみれば、
『㈱キッズパワー、上田様』宛。
ガーッと出てくる用紙にむかって一人、
「……ウエダって、誰よっ???」
思わず呟いてしまいました。
結局、間違いFAXだったんですが、昔、うちにきた間違い留守電のことを思い出しました。

歴史の勉強をしようと新潟の田舎から京都に出てきて始まった一人暮らし。
まだ携帯のない時代でしたし、電話加入も高いしで、レンタルして電話を置きました。

掛け持ちバイトの合間に家に戻ると、留守電が入っています。
(誰だろう?)と再生すると、
『もしも~し、ぼぉくは、かぁわさきの、とぉもだぁちの、フェルナンドでぇす!』
「……フェ、フェルナンド???」
『きょうとに、つぅきましたぁ!
どぉこ、いったぁら、いいで~すかぁ!』
「……どこ言われても、知らんて…。」
まだまだ関西ナイズされてない頃でしたが、それでも思わず電話にむかってつっこんていました。

一応、次のバイトの時間ギリギリまで待ってみたんですが、電話はかかってきません。
仕方なくバイトに行きましたが、帰ってきたらまた留守電が光っています。
非常にドキドキしながら再生すると、
『もぉしも~し、かぁわさきのぉ、ともだぁちのぉ、フェルナンドでぇす!』
「おおっ!」
「こぉこはぁ、どぉこでぇすかぁ!』
「……それを私に聞かれても。」
さらにもう1件。
『もぉしも~し、かぁわさきのぉ、ともだぁちのぉ、フェルナンドでぇす!』
「う~ん…まだあかんのか…」
『いぃま、○○だぁいがぁくに、つぅきまぁしたぁ!どうしたらぁ、いいでぇすかぁ!』「……せめて私のいる時に電話してよぉ!!」

その後、フェルナンド君からの連絡はありませんでした。
無事友達に会えたのかなぁ…。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる