2008-08-26

8月セミナー終了

今年も無事に、7-8月セミナーを終えることができました。

8月セミナーは初めて使う会場だったので、始まるまでは、音響設備に不備はでないか、空調はうまくまわるか…などなど、セミナー担当の内野・吉森は緊張で顔がこわばっておりましたが、今は晴れ晴れした顔で後片付けにおわれています。

毎年内容が更新されていくセミナーですが、今年の8月セミナーでは、非言語コミュニケーションの重要性、イントラバーバル、ソーシャルスキルについて、子どもさんのタイプによるピアトレーニングの進め方についての内容が、充実していたのではないかと思います。
このような内容をお届けできるのは、時には、もうやめた!!と思いながらも、日々子どもさんと向き合っておられる親御さん方の失敗と成功のビデオや記録があるからだと思います。

現在上越教育大学で、特別支援教育について、学校関係者の指導をしておられる道場先生からは、特別支援教育の現状を、学校側の立場、親御さんの立場、そして子どもの立場という、複数の視点からお話いただきました。
毎年のことながら、常にニュートラルな立場を保つことのできる道城先生のバランス感覚には、たくさんのことを学ばせていただきます。

ご記入いただいたセミナーのアンケートを読ませていただきながら、これからの半年、1年で、何ができるか、何がわかるか…。
不安も期待もこもごもですが、とりあえずは、今日からまた、来年にむけての一歩が始まります。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる