2008-09-30

サプライズ

その①、目力(=アイ・コンタクト)…byN君ママ
その②、忠犬ハチ(=コンプライアンス)…by同じくN君ママ
その③、高速坂田(=指先の自己刺激)…byY君ママ

日々子ども達と過ごして、様子を観察しているお母さん方と言うのは、本当に的を得た表現というのがお上手です。
いつの間にか事務所内でも通用する単語になってることがたくさんあります。

今月のヒットは…、

サプライズ(=こだわり崩し)…byあずき&さくらちゃんママ

ことの発端はカゴメカゴメ♪
私と二人でできたし、みなちゃんと二人でもできたし、
童歌遊びはやっぱ大勢じゃないとね~♪とお母さん、
日曜で家に居るお父さんとお兄ちゃん、そしてさくらちゃんを部屋に呼びます。
いつもは締め出されていることもあって、みんなわ~い♪と大喜びで入ってきました。
ところが…、
その様子に表情を固めて逃げ出さないばかりなのがあずきちゃん。
お母さんに手をひかれてなんとか輪にはいたものの、
終わるなり「みんな、ばいばい!ばいばい!」と押しだそうとするのです。

お母さんが言うには、
「もう、ホントにあずきは、“サプライズ”に弱いんです~(涙)。
この間も、幼稚園に絵本読みに行った私をみて、睨みつけた挙げ句逃げるんです~(涙)」
とのこと。

どうにもこうにも知らない間に、
このお部屋に、お母さんと2人で入る時は、おしまいまで、お母さんと2人で遊ぶ、とか
幼稚園は、お母さんとばいばいして、先生とお友達と遊ぶ、とか、
あずきちゃんの頭の中には、決まり事がたくさんできてしまうようなのです。
もちろん、世の中というのは決まり事があるから成り立っていますから、こういうのは困るばかりではないんですよね。
おしっこはトイレでするとか、靴は玄関におくとか、食べる前に手を洗うとか、そういう決まり事を守ってもらうのにはうってつけ。
でも、家族を追い出しちゃったり、お母さん睨んじゃうってのは考えもの。

…というわけでお母さん、
「サプライズ、練習しますっっ!!」と決意されたのでした。

そして今回、
玉入れで遊んだ後に、カゴ代わりに使っていた袋を指してお母さん、
「は~い、これ、寝る部屋に持ってって~!」
お片付けの気配を察し、お手伝い~♪と、袋を持って歩きかけたあずきちゃんが固まります。
「………い、いやっ!」
「えっ?」
「いかないっ!いかないのっ!!いやっ!!!寝る部屋、いやっ!!!!バイバイっ!!!!!」
しゃがみこんで動かないあずきちゃんの手をひいて連れていくお母さん。
ジタバタする音と嫌がる声が聞こえています。
お部屋に戻ってきた頃には…
完遂されてしまったあずきちゃんにとってはありえない出来事に、ショックでしくしく泣いていました。
ある程度の予想はした上で仕掛けたとは言うものの、ここまで崩れるとは思ってなくて、
これにはお母さんが“サプライズ!”だったとのことでした。

世の中には、こういう“サプライズ”な出来事、子ども達からみると多いんでしょうね。
お互いにびっくりしながらも、歩み寄れたらいいですよね。
今度はどんなサプライズが待ち受けているのでしょう…。
私もビデオが楽しみです。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる