2009-11-28

せぇのぉ♪

今日はお母さん、ポン太君とアンパンマンボーリングのセットで遊んでみることにしました。
もちろん、ボーリングと言っても、
この線からボールを転がさなきゃいけないとか、
倒したピンの数を競うとか、
お母さんと交代でするとか…そういうことではありません。
ボーリングのピンを立てて、2人で一緒に、“せーの”で倒して遊ぶのです。
さぁ、お母さんがたてたシナリオは…

お母さん、「ボーリングしよう」と押入れからボーリングセットを出してきます。
部屋の隅で様子を伺っているポン太君を横目でみながら、お母さん楽しそうにピンを並べていきます。
さぁ、やっと全部ピンを並べたぞ!
その時、ぴょんぴょんと楽しそうに近寄ってきたポン太君、おもむろにしゃがみこんだかと思うと…
ガラガラガラガラーっ!!!
あぁ、見事に全部手で払って倒してしまいました。
やーっと並べたところのお母さん、それでも全く動じません。
「…あぁ~っ♪倒れちゃった♪」
ニコニコもう一度ピンを並べなおします。
そんなお母さんの反応に、キョトンとそばに座りこんだポン太君、今度はじーっとお母さんがピンを並べるのをみています。
もう1度、ピンを並べ終わったお母さんが2つあるボールの1つを差し出すと、ポン太君は上手に受け取りました。
そして、お母さんを見ながらニコニコと元気よく、「せ~のぉ♪」
お母さんがしたかったこと、わかったよ!と言わんばかり。
一緒にピンをガラガラガラ~☆
嬉しくなったポン太君、立ちあがってぴょんぴょんぴょん♪

その間にお母さん、もう1度ピンを並べていきます。
最後の1本のあたりで、ちょっと落ち着いてきてもう一度ピンの方を見始めたポン太君。
お母さんはすかさず、その1本を指さして(立ててね)と目で訴えます。
お母さんの指さす先を、確認しながら寄っていくポン太君、よいしょ…としゃがみこんで残りの1本を立てようとして…あらら、全部倒してしまいました。
それでもやっぱりお母さん、全く動じず、
「あらぁ♪、倒れちゃったぁ♪」とニコニコ再びピンを立てます。
お母さんの向かいにちょこんと座って、その様子をみていたポン太君。
ピンを全部立て終わると、ボールを1つ手にとりました。
まさに、絶好の2回目の「せーの♪」の機会がやってきました!!
あぁ、でも、残念なことに、お母さんのボールはさっきの「せーの♪」でちょっと離れたところにいってしまってますっ!!
お母さんがボールをひろうには、ピンのそばにボールを持ったポン太君を待たせておかなくてはなりません。
ビデオを観ていた私、(これは無理かな…)と正直なところ思いました。
ところが…。
ポン太君、私の予想を見事に裏切ってくれたのです。
ボールをしっかり持ったまま、ニコニコ笑顔でボールを拾うお母さんを、目で追い、
そして、お母さんが戻って座りなおすのを、ちゃあんと待っていたのです。
お母さんが言う「せーの♪」にあわせて、見事に2人でガラガラガラ~ッ☆
楽しく倒して終わることができました。

ここにくるまでに、
ポン太君がピンを持って走りさってしまったり…(涙)、
並べるのをみてるのはいいけれども、倒されると怒ったり…(涙)、
並べるそばから倒してまわったりと…(涙)、
たくさんのハードルがあったボーリング。
それを乗り越えで、みていて気持ちがほっこりする、とっても素敵なボーリングになりました。





コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる