FC2ブログ

2010-05-22

試練

初めての教室・担任の先生の変更に、大泣きしたポン太君。
でも、1週間2週間と経つと偉いものです。
なんとなぁく体の慣れで以前の教室に入ってしまったポン太君が、
キョロキョロとした後にハッとした顔をして、慌てて新しい教室に戻るなんて出来事があったそうです。
以前の教室には、昨年1年間たくさん遊んでもらっていた先生方が居たのに、よく戻れたなぁと思います。
他にも、担任の先生の声かけで立ったり座ったりしましたよ~とか、
「担任の先生に渡して」と言われて先生の名前を言いながら渡しましたよ~とか、
昨年には聞かなかった出来事もチラホラと聞かれるようになりました。
ところが…、やはり厳しいのは園生活も2年目、というところ。
1年目はみんな初めてだから…と園に慣れてもらうことが第一で、
園での生活の流れもゆっくり、生活に慣れたところでちょっとおでかけしましょうかと遠足が入り…みたいな流れになるところ。
しかし2年目ともなると、活動もどんどん、行事もどんどん、矢継ぎ早やに入ってくるんですよね。
昨年1年は、行事ごとに熱を出したり興奮して眠れなくなったりと、環境の変化がダイレクトに体調の変化へと繋がっていたポン太君。1年でずいぶん強くなり、今回の教室・担任の変更に微熱が出た程度でおさまって、GWにエネルギーチャージして、元気に園に通いだしてくれました。
しかし、待っていたのは苺狩りに親子遠足…。

「…なんだか立て続けですねぇ(汗)」
「ポン太、ぜーったい、熱出しますよね(汗)」
「試練、ですねぇ(汗)」
お母さんと二人で、ぽそりぽそり。
うーん、ここでもう一度、日課的な園の活動に戻ってくれたら、
4月の混乱の中でもみられた、昨年には見られなかったポン太君のよい動きが、
もっともっとみられるんじゃないかなぁ…なんて。

行こうか行くまいか…とっても悩ましいところでしたが、
「私たち、ポン太君と一緒に、行きたいんです!」
と、園の先生方が一緒に行くために色々と考えてくださった熱意に触れて、お母さんもえいっ!と思い切りました。

そして行事から1週間。
私も空を見上げては無事に行けたのかな、今日は園に通っているかなとそわそわしていたのですが、
ポン太君はちゃんと、幼稚園に通うことができました。
お母さんも私も、ほっと一息。
やっとむかえたお休み。
しっかり休んで、また元気に幼稚園に通ってね、ポン太君。

コメント ( 2 )件 | この記事のリンク

<< 前の記事へ  |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる