2016-01-23

へ~

「さぁて、お母さん、お誕生日しよ~♪」
ひものついたおもちゃをひっぱって、お部屋をうろうろしていたミッフィー。
お母さんがそう言って、ぬいぐるみをちょこんと椅子に座らせて、おもちゃのケーキの用意を始めましたら、
いそいそと手にしていたおもちゃを片付けに行きました。
ミッフィーの手にしていたのは、たぶんシャボン玉が連続ででるバブルガンのようなもの。
お母さんとぬいぐるみのそばにちょこんと座って、ぬいぐるみの頭の上でバブルガンをガラガラとまわします。
ミッフィーは、ぬいぐるみにシャワーをし始めたようです。
ケーキにろうそくをたてたお母さんは、「そうだそうだ」とぬいぐるみにお祝いの紙吹雪をしてあげようと、ぬいぐるみたちをその場に置いて、折り紙とはさみを取りに行きます。
ぬいぐるみにシャワーをしてみたものの、お母さんがケーキの用意をしているので、手を止めてみていたミッフィーも、そうだそうだというかのように、とっとこお母さんのあとについていき、お母さんが折り紙とはさみを手にしているのをみて、んーっ…となってお絵描きボードを手にしました。
お母さんが折り紙を折ってる横で、ボードにお絵描きをしていたミッフィー、はさみで折り紙を細かく切り出したお母さんをじーっとみていたと思ったら、お母さんが切り終わったあたりで、「貸して」。
はさみを貸してもらって、自分も紙吹雪を作りだしました。
折り紙を全部紙吹雪にしたら、お母さんとミッフィーで、4歳になったぬいぐるみのお誕生日会。
最後に、おめでとーっ!と2人で紙吹雪をとばしてお誕生会は終わりました。

なんてことのない、お誕生日遊びなんですが。
今回のミッフィーはとってもとっても頑張りました。

お母さんが棚からおもちゃを持って遊ぼうと広げだしたら、
お母さんとおもちゃの間に割って入る、
お母さんが床に置いたおもちゃを自分の方に引き寄せる、
お母さんが袋からおもちゃを出すなり、ひっぱりとろうとする、
お母さんの手からおもちゃが離れるなり持っていく…、
う~ん、こう並べて書いてみると、なんだかとっても傍若無人なんですが(爆笑)、
最初の頃のミッフィーは、まぁこんな感じ。
「ミッフィーも」とか「貸して」とか、言ってない訳ではないんですけれども、
お母さんをみてなかったり、おもちゃをひっぱってみたあとに言ってみたりと、
それは「貸して」ではなく、とってるよね…という状況だったんですよね。

それが、
お母さんが並べている物を勝手に動かさず、
お母さんの遊びの邪魔をせずにちょこっと入ってみて、
お母さんがしていることと似ているようなことをしてみて、
お母さんがしていることをしたくなったら言ってみて、
最後は一緒に遊んで終わるんですから。

ビデオを見ながら私、
(へ~、へ~、へ~)
何度も声をあげていました。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる