2016-07-25

きっと

一学期が終わるこの時期、
色々ご報告いただくことも多くなります。
その中に、ある卒業生さんを昨年からみてくださっている学校の先生からのご報告がありました。
一時期、入れ込みのクラスの学級崩壊や支援クラスの先生方の方針の違いなどの混乱から、いわゆる問題行動といわれるものがうわっと増えてしまっていたお子さんでした。
地域の学校に行かせたことが、本当に良い選択だったのかと散々に悩みましたし、もっともっと鍛えてから送り出さねばならなかったのかとやりきれない気持ちも抱えました。
でも、色んな事情が複雑に絡み合う中、赴任して来られた先生方が、地道に地道に積み重ねてくださって、1年で、かなりお子さんの状態が落ち着いて、担当の先生も、1年前のあれは一体なんだったのかしら…と思うそうです。
2つ良いことさてないものよといいますが、2つ悪いこともさてないものよ、といいますか。
悪いことばかりか続くことも、やっぱりないんだなぁと思えました。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる