2016-09-17

それ、なに?

先日、お母さんと遊びを考えていたときのこと。
あ、そうしたら、好きかもっ!!
という言葉とともに、
よぉくそんな遊び、思いつきますね…、
と言われました。
確かに、スタンダードな遊びにたどり着くまでは、けっこうな道のりで、
その前に、なんとか遊びと名付けることのできないような遊びを積み重ねることが多いです(また、パッと見たところ、スタンダートな遊びをしているようで、実は子どものマニアックな好みを仕込んでいたりってことも多いです)。
そんな遊びを多くしているせいか、自分では、だって面白いやんね…と〝普通”に遊んでいるつもりでいるんですが、、
ときおり、(あ、これ、ちょっとへんかもね…)と、ふっと振り返ることもあります。

最近では、ノコノコドン、とう遊び。
ヨガに使うバランスボールというのがありますが、それに腹ばいにのって、ノコノコ前後に行ったり来たりするのは、けっこう好きなお子さんが多いんですが、せっかくならば、二人で盛り上がりたいなぁ…と思った結果。
お子さんの前にバランスボール、
そして、少し離れたお子さんの正面に、私もバランスボールを前にして立ちます。
二人で腹ばいになって見つめあうと、
まずは私から、「ノコノコ~」と言いながら、ボールを前に滑らして、お子さんの前のボールに勢いよく「ドーン」と言ってぶつかります。
ぶつかった反動を利用して元の位置まで戻って止まり、顔をあげると、お子さんがニヤ~っ♪として私をみています。
私がボールから体を起こすと、今度はお子さんの方が「ノコノコ~」と言ってボールを滑らせて前進してきて、私のボールに「ドーン」とぶつかります。
そして、ぶつかった反動でよろめく体を両手でうまく支えながら、「ノコノコ…」とゆるゆると元の位置までお子さんが戻り、
私の方をみてニヤ~っ♪したら、また私の番。
二人でこれを、何度となく繰り返します。
そして、ええっと…、すみません、これだけ(笑)。

ノコノコドンしよう~というとイソイソとボールを持ってきてスタンバイしてくれるし、
お互いを見合ってニヤ~っ♪するときがなんとも楽しいのですけれど、
ふと振り返った時に、なぁにやってんねやろ…と自分でも思う時があるんですけれども、ね(笑)。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

 |  キッズパワーブログトップへ   |  次の記事へ >>


この人とブロともになる