FC2ブログ

2014-01-13

今年は

土曜の集団プログラムをお手伝いしていただく方の中には学部学生さんもいるのですが、
年明けはじめての先週土曜、
「あけましておめでとうございます」のご挨拶とともに、「成人式もしてきました」との報告もうけました。
「あ~そっかそっか、今年だったねーっ!、おめでとうーっ!写真みせてね~っ!」
「そういえば、去年は、~さんと…君でしたっけ!?、一年早いなぁ…」
とすでに(とっくに!?)成人組も、なんだかちょっとうきうきと、気持ちだけ若返り(笑)。
今日も電車に乗れば晴れ着姿がたくさんで、なれない着物に新成人達は大変かもしれませんが、
赤や黄色といった華やかな色合いの着物なんて、もう着ようったって顔にそぐわなくなっている身からしますと、
新成人達の晴れ着姿は大いに目の保養。
若い力を社会で発揮していってくださいね、と心の中で応援エールです。

うちにきて働いてくれた子達が、社会にでるようになったとき、
あ、あの人、たぶんこれがわからへんで困ってんのやわ、
たぶん、こうしたらできるようになるんと違うんかな、
将来、発達障害のある人達と出会ったり、一緒に働くようになったとき、
そうやって、考えてくれたらいいな、
そういう子達が増えれば増えるほど、うちの子達が働きやすい環境も増えるということだから

個別の家庭療育から始まって、
子ども達の成長にあわせて、集団プログラムを考えたり、障害の告知について考えたり、
どんどん広がっていった江口の行動範囲ですが、この数年の大きなテーマは、就労支援でした。
子ども達の土台をあげることと、まわりの環境を整えることと、
頭はいつもフル回転していましたよね。
でも、子ども達が帰ったあとの、バイトさん達の報告を聞いておりますと、
今日はあんなことができた、こんなことができた、
これはあかんかったから、今度はこうせなあかんと思った、
ここは困ったんですよね、どうしたらいいかな、
と、バイトさんたち同士でもワイワイと意見交換しあって、脱線も含めて(笑)、話はつきることがありません。
江口が、ふふふっと、してやったりとばかりに笑っているのが、目にみえるようです。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる