FC2ブログ

2016-12-15

なんで3枚と言われても

最近、お母さんに教えてもらって、オセロができるようになった男の子。
オセロってね…と色々と説明をしてくれるので、「私もした~い!、私ともしてよ~!」と言ってみました。
仕方ないなぁ…という感じで付き合っていただいたのですが、
「僕に勝ったらねぇ、カードをあげるよ、…あ、カードはね、僕が描いてあげるんだよ、…えっと、2、2枚、2枚もっ、描いてあげるよっ!」と言ってきまして、いきなり豪華景品付きのオセロ大会の様相です。
お絵描きも得意になってきているところなので、”描いてあげる”というのをしたいんだろうなぁ…というのは丸わかりです。
「やった~っ!、カード欲しい欲しいっ!」と彼のご提案にのることにしつつ、
「えっとねぇ、私、妖怪ウォッチ!、妖怪ウォッチのカードがいいっ!」とこちらの希望もさらりと上乗せしてみますと、
「え…、あ…」とちょっと動揺する彼。
そうです、彼、妖怪ウォッチには全く興味がないんです(笑)。
自分の好きな電車かなんかの絵を描きたかったんだろうなぁ…と思うのですが、それでも「2枚、2枚も!!、描いてあげるよ」と言ってくれたので、「やった~♪」と私も喜んで、見事、子ども相手に大人げないと言われるような圧勝をしてみました。
「す、すごいっ!」
目をまん丸にして盤面を見つめる彼、驚きのあまりか
「すごい…、こんな、こんなに勝ったから…、えっと、えっと、3枚、カード3枚描いてあげるよっ!!」と
盤面を見つめたまま言い切ったかと思うと、
(おいおい、3枚って、大丈夫かいな…)と呆気にとられている私を尻目に、
おもむろに鉛筆を握りしめたかと思うと、がばーっと紙に向かい始めました。
ところが、1枚目をなんとか描いて、2枚目を描いてる途中から、だんだんと手が遅くなり、色鉛筆をプルプルしだし…、
(あぁ…言わんこっちゃない…、書けないって言ってきたら、3枚目はドクターイエローがいいとか言ってあげよう…)と私も助け船を出す用意をしていたのですが、
「……、もうっ、……なんでなんだよっ、……3枚ってぇ」
「……描けないじゃないかっ、あ~っ、もうっ、なんでなんだよぉ」
「…もうっ、2枚が限界なんだよぉぉぉ…っ」
描きかけの2枚目と白紙の3枚目をみながら、笑い顔で、小声なんですが、呟いている内容は明らかに〝文句”(笑)。
(誰も3枚にしてくれって言ってないし…)とか、
(せめて、文句言うにしろ、こっち向いてなんか言ってくれないかなぁ…)とかいう心のつぶやきをぐっと我慢で待ちますと、なんとか、ひょいっと顔をあげて「……僕、……顔は…、顔は2つしか描けないんだよ」と言ってきまして、ほっとしたのですが、
でもさぁ、3枚にと言ったときに、私に聞いてくれていれば、「2枚でいいよ~」とか「じゃあ3枚目はドクターイエローね」とか、〝優しい”おぎちゃんは、きっと言ってくれていたと思うんだよ。

ちなみに帰り際、
「今度は、おぎちゃんがカードを作ってあげるね!、なにがいいかなぁ♪」
と提案してみましたら、
「いや、それは、ちょっと…、んー、僕が描くからいいよ」
と見事に断られました。
う~ん、受け取って欲しいなぁ…。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる