2017-10-14

欲しいんやけどぉ…

お子さんと1対1で過ごす時間は、その大半は遊んでいるんですが、
もちろん、お勉強、もしています。
そのお勉強の中には、カードや写真、ミニチュアやおはじき、積み木やブロック、といった“教材”を使うときもあります。
ところが、この“教材”という代物が、けっこう厄介なもので、
大人が言ったことや聞いたことそっちのけで、(やったーっ!!、遊ぶぞーっ!!)となって、教えるどころの話でなくなってしまった~なんてことになることがあるからです。
なので、お勉強をするときは、こういうところもあわせて教えていくことになります。

先日、あるお子さんとお勉強をしていたときのこと、
机の上にカードを私が並べ始めると、その中にお1枚、「はさみ」のカードに目がに釘付けになりました。
最初の頃は、目にはいった瞬間手が伸びて、自分のところに引き寄せるなんてことをしていたのですが、今はもうそんなことはいたしません。
目はカードから離れませんが、手もお膝から全く離れず、じーっとじーっとしています。
並べ終わると、手はお膝のまんま、今度は私をじーっと見つめてきて、なんだかやる気満々?といった様子。
ところが、
私が「くつした、ちょうだい」と言うと、
手をお膝にして、じーっと私を見つめたまま、「はさみっ!」と返してくるのです。
(あらまぁ…!)
もう一度私が、「くつした、ちょうだい」と言うと今度は、
片手で私を指さして、片手はお膝で、やっぱり「はさみっ!!」と返してきます。
(なるほどねぇ…!)
はさみのカード、欲しいなぁ…、でも、こういう時は、勝手にとったらアカンらしいしなぁ…、
でもでも、やっぱりはさみのカード、欲しいんだよなぁ…、あ、そうだ、ちょうだいっていってみよっ!、てところでしょうか。
欲しいものがあるとき、やって欲しいことがあるとき、いっつもこうしているもんね。
目をあわせたまま、ふふふっ…と笑った私を、まん丸オメメで見つめ返しながら、
今度はそーっとそーっと、カードの方に手を伸ばしてきて、
いいのかな…、いいのかな…、い、いいよね…、といった感じ。
もちろん、カードを触る前に、ピタッと止めて、お勉強に戻しはしたのですが、
こうこられると、こちらもついつい、うう~ん、まぁいっかなぁ…という思いがフツフツと沸き上がってきてしまいますからね。
なかなかの交渉上手になってきてるなぁと感心してしまったのでした。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる