2017-11-04

頭の訓練

先日、あるお母さんに、学校のお話を聞いていました。
学年があがると、委員会やクラブなど、子ども達が話し合って決める場面が増えていきます。
子ども達がやりたいかやりたくないかはともかく(私はもちろんのこと、やりたくないタイプでした、笑)、
花形といえば、みんなの前で司会をしたり、発表をしたりの学級委員や児童会委員。
みんなの前に立つまでの準備や委員同士での話し合いなど、見えない部分でやらないといけないことは多いですし、ごちゃまぜな意見をまとめるとか、とっても大変だと思うのですが、やはり目立ちますし、何をするのかは一見わかりやすいのではないかと思います。
なので、学級会で「やりたい人!」ということになったとき、率先して手をあげる、なんてこともおこります。
お話しくださったお母さんがみていた時も、支援の子達が「はいはいはいっ!」と元気よく手をあげていたとのことでした。
ただ、問題はそのあとで。
委員長というのはやはり、一人。
候補者が複数の場合は、クラスみんなの意見を聞いて、多数決で最終決定することになります。
お話を聞きながら、

入れ込みはいいんですけど、やっぱり、こういうところが難しいですよね…。
それはごく一般的な学級会の流れなんだけど、
いっつもやりたいって手をあげるのに、いっつもなられへん…
僕はやりたいって手をあげるのに、みんなは他の子がいいっていう…
それがまわりまわって、みんなが僕に意地悪をする…、
て結論になりやすいですからねぇ…。

とポロッと呟きましたら、

まさに!、そういうことでトラブルになったらしいんです…。

とお母さんの返しがきて、2人で目をあわせて

やっぱり…。

とため息をつきました。

個別の療育では、
お子さんが自分の得意不得意がわかって、自分にあったものを選べるようにすること、
自分がやりたいことができないときに、諦めることができるようになること、
を身につけて貰おうと思ってやっておりますし、
お母さんをはじめ、大人の
「こっちも面白いんじゃない!?」
「こっちの方があってるんじゃない!?」
「こっちでも、まぁいいやん!?」
という提案にのってきてくれるような関係性を培ってきてるので、
時間はかかれども、十分一緒にやっていける、と思えます。

でも、集団でこういう場面に立ち会ったときに、何を、どこまでできるのか、は難しい。
今回のようなお話を聞くたびに、頭の訓練と思って、どういう子の場合はどうするか、と色々状況設定をして考えています。

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる