FC2ブログ

2018-05-07

サンキュ♪

透明なホースの両端からビー玉を落としてカッチンカッチン。
ビー玉を全部入れ終わったら、そのホースの両端をあわせてドーナツ状にすれば、ビー玉がくるくると。

こんな遊びが気に入っている男の子。
それでも好きなだけに、危険もいっぱいで。

丸くてキラキラのビー玉は、それだけでも楽しい。
透明なホースのぐにゃぐにゃとした感じは、噛み応えたっぷり。
ボースと言えば長いものですが、長いってことは振り回したくなるのが子どもってもの。
ドーナツ状になったホースの中をくるくる回るキラキラのビー玉は、いつまで見てても見飽きない。

でも、一人で楽しく遊んでて~というのではなく、一緒に遊ぶからには、

ホースを私のところまでとりにくるとか、
ホースを壁に取り付けるときに押さえてるとか、

まぁまぁちょこちょこ、手伝って欲しいなぁということも出てきまして、
手伝ってもらうとなると、

私のそばまで跳ねないで歩いてくるとか、
私の手からホースを引っ張り取らないとか、
ホースを振り回さないで持っていくとか
私がそばに行くまでホースを口に入れないでいるとか、
私がと壁にりつけるまでホース押さえていられるとか、

ちょこと遊ぶために、なんとまぁ、男の子が頑張らねばならぬことの増えることでしょう…。
と、自分でやらせておきながら、んなこというのもなんなんですが(笑)。

でも、今までもたくさん、大人と一緒にお勉強したり遊んだりしてきた男の子。
最初はもちろん、引っ張りとったり、振り回したり、口に入れかけたり、していたんですが、
回数を重ねるにつれて、どんどん上手にお手伝いしてくれるようになって、
先日はホースをドーナツ状にするときに、できあがるまでちゃんとホースを持っていてくれました。
実は、他のところはともかく、この、そこそこ張りのあるホースの両端をあわせるようにしつつ、その部位をガムテで貼り合わせる、という、ホースをドーナツ状にするところが、一人でするには一番やりにくいところで、もう一人いてくれると、ほんとにほんとに助かる!!、というところだったんですよね。
サンキュー♪
また次もよろしくね!!

コメント ( 0 )件 | この記事のリンク

  • :    :
    :


  • 管理人だけにコメントを見せる

 |  キッズパワーブログトップへ   | 


この人とブロともになる